GreenPharma S.A.S(フランス・オルレアン市)は、天然物由来の生物活性化合物の開発と供給を行うライフサイエンス企業です。

HINOLINE®  抗菌特性を有するアンチエイジング組成コスメ原料

抗菌特性を有するアンチエイジング組成コスメ原料


HINOLINE®の抗菌性組成は、GREENPHARMAによって特許取得済み

アンチエイジング特性

イオンキレート剤として作用するヒノキチオールは 3段階でアンチエイジング効果を発揮

  • MMPを阻害することで細胞外マトリックスに作用
  • SODとカタラーゼの刺激
  • 一連の炎症誘発性サイトカインの阻害

有効成分の浸透を高めるレブリン酸を使用

  • 角質層の脂質構造と細胞透過性に作用

本製品の原料

天然ヒノキチオール
ヒノキアスナロ(青森ヒ バ)のおがくずから抽出し ています。 (Thujopsis dolobrata (Thunb. ex L. f.) Siebold & Zucc.) ヒノキアスナロ(Thujopsis dolobrata)は耐久性と香り がある貴重な木材として日本国内で栽培されています。

天然レブリン酸
サトウキビの発酵により生産されたものです。

負荷試験:抗菌特性

70%の水を含む、微生物に非常に敏感な処方を使用した。

HINOLINE® 配合せず

HINOLINE® 2 %配合

これらの結果は、HINOLINE® の抗菌効果を実証しました。

HINOLINE®だけで、化粧品のISO11930規格のA基準を達成できます。

推奨処方

  • HINOLINE®は水溶性製品
  • 2〜3%で最終製品に配合
  • pH5.5 ±0.5で使用

規制

  • 中国は100%天然由来であることを承認

抗菌相乗効果

相乗効果(SI)は、Kullの式に従って算出した。 1未満のSIは相乗効果を証明する。
(Kull FC et AI., Mixture of quaternary ammonium compounds and long-chain fatty acids as antifungal agents. App Microbio 1961, 9, 538-541).

これらの結果は、ヒノキチオール/レブリン酸の組み合わせの有意な相乗効果を示した。

PAGETOP
本ウエブサイトは、医薬品・化粧品・食品メーカー向けの原料製品およびライフサイエンス研究向けの研究支援製品・サービスに関する情報提供を目的としております。
一般の方に対する情報提供を目的としたものではない事をご了承ください。