GreenPharma S.A.S(フランス・オルレアン市)は、天然物由来の生物活性化合物の開発と供給を行うライフサイエンス企業です。

技術紹介

  • HOME »
  • 技術紹介

GreenPharmaが提唱する「リバース生薬学」の手法とは?

GreenPharma社は、生薬学・天然物化学とコンピューター化学を融合し、生物活性化合物(Bio-activecompounds)の探索・供給サービスを提供しています。

 

 

 

 

標的タンパク質に作用する候補化合物を in silicoスクリーニングで探し出し、次に、その候補化合物が含まれる天然物をデータベース(GPDB)で検索します。

Selnergyは、標的タンパク質に対する、候補化合物の活性を予測することができます。

  • GPDB:Greenpharma database(天然資源データベース)
  • Selnergy:活性予測インフォマティクス

 

GPDBには、天然化合物、世界中の植物、植物の伝統的な用途、活性、標的タンパク質の情報などが統合されています。

 

 

 

 

例えばある分子に類似した天然化合物を、立体構造および静電気的性質から分子モデリングを行い、類似した性質を有する別の候補分子を探し出すことが可能です。

 

 

 

 

in Silicoで標的タンパク質に結合しうる化合物、または化合物に結合しうる標的タンパク質を予測し、さらにその結果を専門家が判定を行い、対象を絞り込んでから、in vitro試験へと進みます。

 

 

 

リバース生薬学のアプリケーション

  • 標的酵素や標的レセプターに作用する天然化合物、またはその天然化合物を含む原料植物の探索
  • 化合物が作用する標的タンパク質をお探しし、化合物や原料植物の新しい用途のご提案

リバース生薬学のメリット

in Silicoスクリー二ングを探索プロセスに取り入れることで、以下の優位性が得られます:

  • 予め候補を絞ることで失敗を減らすことができる
  • in vitro試験の時間とコストを削減できる
  • 原料の生物活性を、分子レベルで検証することができる

 

PAGETOP
本ウエブサイトは、医薬品・化粧品・食品メーカー向けの原料製品およびライフサイエンス研究向けの研究支援製品・サービスに関する情報提供を目的としております。
一般の方に対する情報提供を目的としたものではない事をご了承ください。